• 手形をお金に変える

  • 受取手形を現金に変える為には、支払期日まで待たなければなりません。支払期日まで待たなくても現金に変えることが出来ます。それが手形割引です。手形割引を利用することで早くお金に変えることが出来ます。

  • この記事の続きを読む
  • 割引を行う場所とは

  • 受け取った受取手形を手形割引する時には、銀行に行くことで割引サービスをうけることが出来ます。その際には、少し割引されたお金を貰うことが出来るのです。割引により早くお金に変えることが出来るのが特徴です。

  • この記事の続きを読む
  • 手形の注意点

  • 受取手形は銀行にもっていくことで、手形割引をうけることが出来ます。しかし、全ての受取手形で割引サービスが受けられるわけではありません。受取手形に現れる特徴により拒否されることがあるので、一度受けった手形を確認しましょう。

  • この記事の続きを読む
  • 割引業者について

  • 受取手形を手形割引する際には、銀行だけでなく、割引業者に依頼することが出来ます。その際には、割引業者の特徴や割引率を確認し、優良業者を選ぶ必要があります。

  • この記事の続きを読む

手形に関して

会社対会社で取引を行う際には、直接現金でやりとりを行うことが殆どありません。
小切手を利用することや掛けにする場合、他にも手形で行う場合があります。
小切手は殆ど現金と一緒です。銀行に脚を運ぶことで現金に変えることが出来るのです。そのため会計上の取引でも現金として扱われます。
掛けでの取引は、支払いの約束に近い性質があります。その殆どが口約束で行われます。会計上は売掛金や買掛金として扱われます。
手形を利用したやりとりは、掛けによる取引を具体的に書面にした取引方法です。何時までに幾ら支払うといった約束がされた書面です。
会計上、受取手形や約束手形として記入されます。
掛けでの取引よりも信用性のある取引です。

取引先からもらった手形は受取手形と言います。
受取手形は、受け取る金額と支払われる日付が予め決められています。
支払期日に到達した際には、銀行に行くことでお金に変えることが出来るのです。

手形割引は銀行だけではありません、手形割引を専門的に行っている業者が存在します。
専門業者に依頼することで、受取手形を割引し、お金に変えることが出来ます。
現在様々な専門業者が存在しています。優良業者を選ばなければ、高い割引率を使用されることがあります。
そのため、利用する前に、調べることが適しています。
割引業者を調べる時には、インターネットを活用することが適しています。
インターネットにあるホームページや比較サイトを利用することで大切なのです。

会社運営の際にお金が必要になった時には、手形割引を行いましょう